落合陽一さんは東京都の港区の六本木出身であり、1972年生まれ現在32歳です。誕生日は9月16日で、日本の国籍を持ちます。筑波大学情報学群情報メディア創成学と東京大学大学院学際情報学を卒業し、研究者とも親しまれているし大学教員、博士などの仕事をしています。

落合陽一さんの紹介

数々の仕事の実績もある上に実業家の持ち主で、一方ではメディアアーティストの仕事も経験があります。

様々な本を執筆

2015年には「魔法の世紀という本」を出し、2016年には「これからの世界をつくる仲間たちへ」という本を出しています。2017年には超AI時代の生存戦略、2018年には「日本再興戦略」と「デジタルネイチャー」と「0才から100才まで学び続けなくてはならない時代を生きる」という3つの本を出し、2019年には「日本進化論」と「2030年の世界地図帳」の本を出しています。本も数々出していますが、1人で書いた本だけではなく共著のうち1人が落合陽一さんが書いた本もあります。

幾つもの賞を受賞

落合陽一さんの父も実力がありJCIの落合信彦さんが父親の名前です。普通の人と父も落合陽一さんも交わって暮らしている反面世界の人とも触れ合っており、育ちもいいです。落合さんは他にも数々の受賞歴があり、スーパークリエータ天才プログラマー認定やMMM審査員賞などの実績も残りしています。

落合陽一さんの運営会社

落合陽一さんは今は「ピクシーダストテクノロジーズ株式会社を運営」しています。ピクシーダストテクノロジーズ株式会社をインターネットで調べると難しい用語の書かれたサイトがあり、こちらが公式サイトになっています。

技術がすごい!

ピクシーダストテクノロジーズ株式会社ではコア技術を応用しシステムを作ったり考えたりします。システム構築はコンピュータでも難しい部分でアルファベットの羅列を打ち込んだりしながら頭を使い構築していきます。商工中金からは10万円を融資されており、後はINCJの投資から38億円も使い技術や研究をしています。

強みはロボットなどのハード面も

最近ではロボット作りにも励んでおり、人とコンピュータの共存しやすいように手掛けています。ソフトだけではなくどちらかというとハードに力を入れており、物を作ることにこだわっています。物を作った上で社会問題がどう解決するか奥深く取り組み、常に課題を意識しながら運営しています。単なる物作りだけではなく今直面している問題や課題を優先に作っています。ピクシーダストテクノロジーズ株式会社はプロの人が集まりすることとしないことを最初から決めて、することを意識しながら徹底的に取り組んでいます。常に社会や物作りの最前線にいるよう日々努力しています。

おすすめの記事