室伏勝宏の生い立ち

みしまプラザホテルの創業者の室伏勝宏は中学1年で父を亡くして、大学1年の時祖父もなくします。そうした関係で大学在学中社長を継ぎ、ホテルにするのは小学生からの夢だったのです。

ホテルへの憧れ

将来この旅館でこのまま形で告げないかと思っていました。そして子供のころ父に連れられて東京のホテルによく立ち寄って、そうした中憧れのようなものが生まれて、小学校3,4年の時ホテルにしたいと漠然と思ったのっです。

現実にホテルになったのは1974年で今考えると小さいころのほのかな有目を大人人って実現したことは自慢できる1つでした。

開放的空間を目指す

そして、料理旅館はどちらかといえば一見さんおことわりという雰囲気ですが、プラザは広場といった意味なので、開放的でどなたも好きなようにお出かけできる感じです。

その旅館からホテルにしたいといった思いが、プラザというネーミングです。オープンしてから気軽に立ち寄れる場にするにはどうすればいいのかずっと考えていて、そこで思いついたのがギャラリーの開設でした。市民の方の描く絵は教育施設で展示されましたが、ちょっと非日常的なステージを提供しようとホテル内にギャラリー作りました。そして、富士山クラブがネットワーク作ってくれるような存在になればと願っています。

みしまプラザホテルってどんなホテル?

みしまプラザホテルは国連定昇の持続可能な開発目標に賛同して経営理念の人の役に立つ人になるをもって、SDGsの目標の中から取り組むべき課題抽出して、私たちにできることを考え社内外活動に取り組みます。

そして、おもてなし規格認証の金認証を首都高して認定証をもらったのですが、これを機にスタッフ全員一層サービス向上を目指します。

1996年から始めたチャリティーコンサートですが、主催者の声なども紹介しています。また、ここは20年以上前から映画を通じ地元三島市と強くかかわってきてます。映画への取り組みなどをしています。

三島ブランド認定のせせらぎ三島湧水

またオリジナル清酒のせせらぎ三島湧水は三島ブランド認定されおり、ホテル各施設でお楽しみ可能です。そして、スタッフ一人ひとりお客のアニバーサリーのために日々努力しています。日頃地産地消を大事にして、お子様にも安心なメニューを提案してます。

流行をキャッチした経営方針

また、創業以来時代のニーズに合わせその姿を変えてきて、今流行に流されることなく流行キャッチして、時代超えた価値ある国境超え理解できるテーマを持つデザイナーズホテルを目指してからかたちへ成長を続けています。また、新型コロナへの対策もしており、感染拡大防止に励んでいます。

おすすめの記事