鈴木健氏の生い立ち

中学時代から独特な考えの持ち主

鈴木氏は長野県の出身です。中学2年の5月から中学3年の1月まではドイツの都市、デュッセルドルフにいたみたいです。中学ご時世から深い思考に入り浸る性格で、「宇宙の中での自らのあり方」をよく腹積もりていたそうです。わりとそのような事を考慮する中学生はいないと考えます。

きっかけはMosaic

そのような鈴木健氏は1995年、大学卒業目前にウェブブラウザの「Mosaic」を知り、大学を休学。インターネットのワールドワイドにのめりこむ事になります。ハイパーリンクやテキストを使ってボーダーレスな教育コンテンツが製作できるのではないかと、インターネットの確率に気づき、更なる研究を深めます。造作なくに言うとWikipediaのようなものを想像していました。実際まで勉学してきた数学、物理学、複雑系の思考とインターネットの知識をすり当てはめた結果がスマートニュースの設立につながっているように思えます。

理系出身のエンジニア

鈴木氏はエンジニア系の開業住宅で、学生時代は理系出身。その理系に進むきっかけとなったのが高校ご時世の物理の授業で、ニュートンの運動方式を習得しだから。飛んだボールの落ちるところを計算可能な事に衝撃を受け、未来を予見、世の中を記述する事に関心を持ち開始出来ます。大学に入っても、(ダフィット・)ヒルベルトや(クルト・)ゲーテルなどの数学を学習して、世の中を知る事や世の中の中で動く事の知性という複雑系のスタンスを学びます。哲学的な感じがしますが、鈴木氏は理論的に考慮しています。少しだけ凡人には簡単ではないですね。

スマートニュースを発表

浜本階生氏とともに

IPAというのはIT国家戦略のための技術面や人材面からフォローする経済産業省所轄の独立行政法人です。これが挫折に終わった後、浜本階生さんとともに2012年にスマートニュースを公表。スマートニュースのもち味として、地下鉄などの電波の届かない状況でもニュースが読めるというのがあります。

貨幣というのはフェティシズムだとか、シャワーを浴びている途中でマルコフ過程を使えば長所が1か所にとどまる事なく流れていく仕組みの貨幣が製作できると考慮します。ですが半年で数万人のユーザーしかゲットできませんでした。Crowsnestが1年かけたものを1日で超えます。その頃まだニュースアプリは多数派ではないのですでした。

Twitterのデータをスクロールしていって、タイムラインの中からその人にとっておもしろいニュースを探してあげる性能のアプリケーションでした。

爆発的なダウンロード数を!

売れるのかという心もとないの声もありましたが、決断と決心で、実際ではスマートニュースアプリ市場のパイオニア的な影響となりました。

それがPICSYという貨幣で、それを展開させる事で彼は天才プログラマーと呼ばれるようになりました。そのような事をひたすら考慮し続けます。自らでインターネットの見込みを探求しなければという使命感を覚え、ITバブルがはじけた1998年頃から他にも深い研究に入ります。

地域通貨の事を学びましたが、あまりうまくいかないだろうから自身で新しい仕組みを作った方がいいだとか、お金はただの紙切れなのになぜありがたみを持つのか。鈴木氏は情報処理機構(IPA)において「天才プログラマー」という称号を与えられています。これが初日から爆発的なダウンロード数を取得します。

おすすめの記事